魅力的な納税制度

ふるさと納税の仕組みとメリットとは?

複雑な仕組みをわかりやすく

残念ながら使っても寄付以外の意味がない場合もあります。 殆どの利用者が返戻品と税金の控除であればという事ですが。 2014年から急激に増加しているのはそれなりのメリットがあるという事でしょう。 利用できないというのはそのメリットがない場合と理解してください。

利用できない場合もあるふるさと納税

2008年からのふるさと納税の実績は年々大きく上がっています。
多くの方々が利用をしてきているという結果が表れていますね。
はじめはなかなかわかりにくいと感じていた人々にも分かりやすく使えるようになってきたという事かと思います。
端的に言えば、自分が支払している税金(所得税・住民税)を地方の名産物に変えるということでしょうか。
例えば毎年3万円の税金を支払っていたとして、寄付した市などから、特産物のお米や、海産物を返礼品として貰えるということです。
今まではただ支払うだけだったのですからこれはお得な寄付税制ですよね。
もちろん返礼なので、30000万の寄付で必ず3万円相当だという事ではありませんが。
寄付金額には気を付けたい点もあります。
人によって寄付が可能な金額に上限があるという事を知っておかなければなりません。
年収によって税金の支払額が違ってくるわけですから、当然ながら年収の多い人はそれだけ利用可能な金額は多くなります。
自己負担金の2000円がありますので、全額まるっとというわけではありません。
また上限を超えると自腹になるので、そのことも知っておく必用があります。
まずは自分の上限金額を正確に知っておくことが大切ですね。
納税可能額は簡易計算ができるサイトもあるので、それを利用するのもいいでしょう。
計算結果より若干少な目で利用することを心がけると失敗がないと思います。
毎年確定申告をしている場合は理解が早いと思いますが、自分で源泉徴収票の見方がわからない場合や、その他様々な控除も正確に把握ができないと言う人は、より慎重に少な目の金額設定が望ましいと言えますね。

多様化する返礼品

返礼品のランキングで上位を占めるのは、やはり食料品ですすね。 ですが最近の返礼品は必ずしも食料品だけではありません。 様々なチケットや、植物から、装飾品、美容に至るまで沢山の種類が登場してきました。 色々なサイトで確認できますので、探すのも楽しみですね。

問題点も多い事実

もともとのこの制度の目的は地方の活性化でした。 各自治体などの特産物を知ることによってその地方を理解し応援しようという理念でした。 ところが、とにかく返礼品がほしいからと、それだけに目が行くと、果たしてそのお金はどのように使われ役立っているのかを考えるまでには至らなくなっているようです。

TOPへ