魅力的な納税制度

複雑な仕組みをわかりやすく

利用の条件とは

幾つか納税の利用ができない条件があります。
利用できないと言う言い方には若干語弊があるかと思います。
正確には利用はできるが、税金の還元などの利点がないという意味になります。
つまりそれを承知で、自腹で寄付といいうのであれば全く問題ありません。
ですが特産品は返礼という事なので1万円の寄付でそれをずんと下回る金額の商品を買うという事になることを理解したしてくださいね。
では、恩恵を受けられるふるさと納税が利用できない場合とはどんな事があるのでしょう。
まず、高校生以上の子供を扶養している夫婦。
年金以外に収入がない場合など。
この場合も幾つか例外はあるものの、納税可能金額があったとしても手間暇かけてもあまりお得はないと思われます。
ふるさと納税には2000円の手数料がかかり、尚且つ返礼商品は金額を下回る内容だからですね。

条件によっては利用価値がない

ふるさと納税によって返礼品などの恩恵が受けられる人は当然ながら納税をしている人です。
住民税などの税金を負担してない専業主婦であったり、パートなどで働いていても扶養家族になっていては対象外となります。
また確定申告をしてない場合も利用できません。
最近はワンストップ特例という制度もあり、確定申告なしでもできるようにもなりました。
ふるさと納税をした後に申告書に記載してその自治体に送るだけなので、この場合は確定申告なしでも大丈夫です。
年金のみの収入や高校生の子供を扶養している場合は厳密には「できない」のではなく既に多くの税金が控除されているので利用価値があまりないという意味になります。
但し一定の金額以上の年金受給があればやはり控除はされるのでメリットがあると言えます。
一度シュミレーションをしてみて調べてみるのも良いでしょう。


TOPへ戻る